ホームホーム > デザイン制作について
 

デザイン制作について

色彩やレイアウト、パーツの一つ一つにも、ユーザー中心のデザインとこだわりがあります。

ワイヤーフレームの作成

画面デザイン設計図(ワイヤーフレーム)

ワイヤーフレームとは、各ページの詳細内容を配置した画面設計図のことです。 コンテンツの各要素それぞれをどこに配置するのか?ユーザーが使いやすいメニューの構成は?コンテンツの画面幅は?など、お客様の目的と意図に合った画面の詳細を設計していきます。
特にトップページは、そのサイトの戦略や方針の縮図といえます。
限られたスペースを有効活用し、ユーザーの心をつかむ画面構成を導き出します。


ユーザビリティに配慮したWebデザイン

デザイン制作

ただ格好良く、見栄えが美しいWebサイトが、本当に良いWebサイトだとは限りません。
文字が小さすぎて見にくかったり、メニューの位置が分からず自分の見たいページにたどり着けなかったり、目立とうとして派手な色を多用しているWebサイトなどがありますが、そのようなWebサイトに対して「違和感」や「不便」と感じた時点でユーザーは離れてしまいます。
ユーザーを第一に考えられたWebデザインが、優れたWebサイトであるといえます。


Webサイトの数だけ「デザイン」があります

サイトの目的や役割、そのWebサイトを利用するユーザーの年齢層や性別など(ターゲットの定義)によってデザインの方向性は変わります。


フューチャースピリッツでは、ディレクションから得た調査結果をもとに、そのWebサイトに合わせた色彩設計を行い、配色や細かいパーツの一つ一つまでこだわって制作を行います。
操作性(ユニバーサルデザイン)や集客力(SEOや各種マーケティング)を考慮した、クオリティの高いWebサイトをデザインいたします。



ムーバブルタイプによるサイト構築
Future Spirits サポートダイヤル(受付時間 9:30〜17:30)0120-44-0088